マンション管理士の将来性

マンション管理士は、法律や専門的な知識を持ちマンションの管理を行います。マンションを運営していく管理組合にアドバイスをし、適正に運営できるよう手助けをするのが主な仕事です。

マンション管理士は管理組合側の立場に立って、管理組合・住民・管理会社に目を向けながら、マンション管理がスムーズに行われるようにコーディネートします。

マンションのハード面においても専門知識を発揮します。建物の修繕はいつ頃必要か、建物はきちんと機能しているかなど、建物のチェックをおこない、マンションの資産価値を維持するのもマンション管理士の仕事の一部です。

 

マンション管理士の仕事と将来性について


マンション管理士とは、平成12年2月1日に成案され、翌年8月1日に施行された「マンション管理適正化法」に基づき作られました新しい資格です。

弁護士や裁判官のような“独占資格”ではなく、その資格を持たなくても同じ業務につくことができる“名称資格”です。

都市部では、個人の住居としてマンションが主流を占めています。わが国でマンションに居住している人びとの数は、100万人を超えるそうです。

タワーマンションのような大規模マンションから、一戸建て感覚を味わえるこぢんまりとしたマンションなど・・・、その種類も多岐にわたるようになりました。

将来的には一層都市部のマンション住居が増加することが予想されるので、マンション管理士のニーズも増加すると思われます。

また、近年注目を集めている欠陥住宅やマンションの耐震偽装問題は、人びとにとって深刻なものです。毎日の生活基盤である家に求められる要素に、安心は必須です。

人びとの高まる意識を受けて、マンション管理士は今後活躍の場を広げる将来有望な資格といえるでしょう。

  
HOME | 仕事と将来性 | 管理業務主任者と一緒に | マンション管理士試験概要 | マンション管理士Q&A
 
Copyright マンション管理士試験の徹底研究 All rights reserved.

EXILEファンサイト  北海道移住ガイド  離乳食