マンション管理士試験概要

マンション管理士試験は、財団法人マンション管理センターによって実施されています。マンション管理士試験の受験資格は一切ありません。年齢や国籍にも制限はありませんので、チャレンジしたい人はどなたでも受験することができます。

出題方法は、マークシートで、4つの選択肢から1つ選ぶ形式となります。50問の試験問題が出題されますが、合格するためには70パーセント程度の正答率が求められるでしょう。

願書はマンション財団法人マンション管理センターの本部・支部から手に入れる他、ホームページ上から申込書をダウンロードすることも可能です。願書提出は郵送のみ対応となっておりますので、注意してください。

 

マンション管理士試験概要(続き)


また例年9月の上旬から下旬間の複数日が願書受付期間とされていますが、受験される場合は実施機関に確認を取るようにしてください。

札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇と、全国主要都市にて試験が実施されています。

受験費用の9,400円が必要です。

9月に願書提出をし、毎年11月下旬に試験が行われています。

試験時間は2時間。50問の問いを解ききるためには、ペース配分も重要となるでしょう。

1年間に1回きりのチャンスですので、スケジュールを把握し提出忘れなど無いように注意しましょう。

合格発表は1月中旬です。平成16年度のマンション管理士試験合格率は、8.8パーセントでした。平成17年度の合格率は、7.3パーセントと残念ながら少し下がっています。

勉強は通信講座や資格取得スクールを受講することが一般的です。

  
HOME | 仕事と将来性 | 管理業務主任者と一緒に | マンション管理士試験概要 | マンション管理士Q&A
 

Copyright マンション管理士試験の徹底研究 All rights reserved.

贈与税  金属アレルギーの基礎知識  KAT-TUN