マンション管理士とは?

マンション管理士とは、国家資格の1つです。マンション管理組合をどのように運営するのか、構造上で技術的な問題はないのか等に目を配り、必要があればその事実をたしかめ、相談と助言・援助といった対応を行います。

マンション管理士について(詳細)


マンション管理士を取得するためには、マンション管理士試験に合格することが求められます。狭き門であるこの試験を通過すれば、マンション管理氏という専門知識を持ったスペシャリストとしてマンション管理を行うことができます。

身近な存在のマンションですが、マンション管理についてはよく知らない人も多いのではないでしょうか。マンション管理士の仕事は、その名の通りマンションの管理です。

マンション管理組合をどのように運営するのか、構造上で技術的な問題はないのか(大規模な修繕なども視野に入れる)などに目を配り、必要があればその事実をたしかめ、相談と助言・援助といった対応を行います。

マンションに住んでいる人たち個別に対応するのではなく、マンション管理組合とのやりとりがマンション管理士の主な仕事になります。

マンション管理士は、マンション管理組合にアドバイスを与え、コンサルタントを行う立場といってもいいでしょう。

マンション管理士の仕事は、それだけではなく、居住者が心地よく生活できる環境を整えることでもあります。マンションの資産価値を保つこともマンション管理士の仕事の1つなのです。

財産としてマンションを購入する人も目立つ現在、マンションの資産価値は所有者にとって大切な問題です。

マンションの資産価値は、物件の立地や概要によってもちろん違いが生じてきますが、マンション管理状態によっても大きく異なってきます。

マンション管理士が管理組合を動かし適切に管理することで、そのマンションの資産価値は維持され、所有者たちのメリットに繋がるといえるでしょう。

  
HOME | 仕事と将来性 | 管理業務主任者と一緒に | マンション管理士試験概要 | マンション管理士Q&A
Copyright マンション管理士試験の徹底研究 All rights reserved.

privacy